シーツ・包布フォルダー

両面検査対応・区分型シーツフォルダー

カテゴリ
両面検査対応・区分型シーツフォルダー
型式
KUZ-2

製品の主な特徴

・両面検査を可能とするCBユニットの機構が搭載された次世代型の区分シーツフォルダー。

・コンパクト化により工場スペースの有効活用に貢献いたします。

・サイズ別(4分類)にオートスタッキングし、仕分け作業の省力化に大きく貢献。

・ 8~32折り部にはナイフ型ソード板採用により、薄物から厚物までシャープに仕上げます。

・たたみ上がりの寸法を均一化できる「固定折り」と、品物の長さに応じた寸法で折りたたむ「測長折り」の

 双方に対応。

その他の特徴

・プリント柄識別分配機能

・織柄識別分配機能

両面品質検査装置・ウルトラアイMASTER-CB(SCZ-4CB)・・・KUZには省スペースのまま両面検査が可能になるスペースをあらかじめ設けております。

ページのトップへ ▲